青色

わたしは青色が好きです

小さいときからピンクや赤色よりも水色や青色を選んでいました

 

青は空の色だし海の色です

夏の色でもあると思います

わたしはそれらが好きなので青色も好きなのだと思います

 

青春という言葉に青が入っているように青は若さを表すらしいです

青年、青二才なども似たような感じっぽいです

 

妹の大学で、アルビノの先生が授業をしてくれた時があったと聞きました

アルビノの人は目が見えにくいそうで、視覚に関するお話をしてくれたそうです

人は年をとるとだんだんと視力も衰えてきて、見える色も減ってきます

色を見る細胞はいろいろあってどれも同じくらいずつ減っていくのですが、赤色や黄色に比べて青色を見る細胞がもともと少ないので、高齢になると青色は見えにくくなるそうです

だから青色を見ることは若者の特権なのだと

 

「青春という字を書いて横線の多いことのみなぜか気になる」という俵万智さんの短歌がありますが、わたしは妹の話を聞いて、青春は視覚的にも青いのだと思いました

 

 

ブルーハワイシロップを入れた寒天をボウルで固めて丸々一個一度に食べると楽しい気持ちになります

甘い青い塊、ひんやりつるりとしています

お友達がプレゼントしてくれたマッコウクジラのスプーンを寒天に入れて、このボウルは海なのだと見立てて海に思いを馳せます

 

青春は高校時代まででしょうか

いつまでも青春だったらいいなと思います

広告を非表示にする