林檎

林檎は赤い

赤いは信号

止まれ 止まれ 進化よ止まれ

 

東海道新幹線の名古屋と東京の間、

静岡県のどこかで新幹線の窓から林檎が見えるところがありました

トルマリンゴという製品を作っている会社の上に林檎のモニュメントがあったようです

今はもう移転したのか潰れたのかでなくなってしまいました

トルマリンゴは幸せを呼ぶりんご、という怪しい商品なので買ったことはありません

 

 

林檎は美味しいし見た目がかわいいので好きです

他の果物も好きですけれど

林檎をよく洗って皮ごと丸かじりするとお腹も心も満たされます

一個全てわたしのもの、という感じがいいです

ホールケーキを一人で食べるより健康的かなと思います 

林檎は聖書にも出てくるし

 

林檎の万年カレンダーを使っています

数字が書かれた木製の四角の日付用のものと細長い月用のものをはめ込んで使います

しかし毎日変えるのは億劫なので人がおうちに来るときしか変えません

たまに日付を見ていろいろ思い出して寂しくなります

 

寂しさと空腹は似ていると思います

林檎を食べて寂しさか空腹か見極めようと思います

 

運命の乗り換えをモチーフにしたアニメがありました

その原作?の本の上巻だけお友達がくれました

 

染色体で遺伝子の連鎖とか交差とかそのへんのことを大学の講義で聞いているときに運命の乗り換えもこういう感じなのかもしれないと思いました

 

運命っていう言葉が好きです

おでんくんで神様の口癖が「デステニー」でした

 

物語で出てくるモチーフとしてりんごはかっこいいです

皮をむかなくてもむいてもいいから ある程度の硬さがあるから 赤いから

日本の童話に出てくる果物だと桃(桃太郎)や柿(猿かに合戦)が思いつきます

さるかに合戦というふりかけはおいしいです

 

日本の神話の黄泉の国の話で出てくるのも桃だし中国のお話でも桃のお話多いですよね

果物の原産地を調べたりするのも楽しそうだなと思いました

 

園芸作物生産学という講義で果樹生産学の先生が果物の糖や交配(偏父性不親和とか)については話してくれました

文学部の講義だと物語に出てくる果物についての考察とかもしたりするのかな?しないかな

 

イチジクがヘブライ語で何かと音が同じだからイチジクに実を結ぶなということは何かという意味だ、ととある人が言っていたのですが重要な部分を忘れてしまいました

地元はイチジクの生産量が多いのでそこらじゅうにイチジク畑があります

イチジクは一文字仕立てという、横にまっすぐ一本太い枝がありそこから上に向かって枝が伸びている仕立て方をされた木が多いです

 

インターンの時に庭園を見学して、この木の名前わかる?と聞かれてわたしがメタセコイアと答えたら正解したのでインターン生全員がイチジクシェイクをおごってもらったことがありました

メタセコイアは小学校の校庭にあったので覚えていました

まっすぐだからスギだと答えた学生が過去にいたと聞きました   樹形が確かに似ているなと思いました

 

カゴメ野菜生活100シリーズで毎月季節限定で新しいジュースが出ます

10月のときの青森りんごミックスがおいしかったです

水産科教育法(受講者1人)の教室の背面黒板に「青森りんごミックス」と3回書いちゃうくらい好きでした  先生が来る前に消しました

 

果物にはいろいろな種類があるからまたりんごジュースが出るのはずっと先かもしれないなと思いました

愛のせいにしよ

 

 

魂のいちばんおいしいところ